So-net無料ブログ作成
検索選択

ダルビッシュ有 右肘じん帯損傷、手術の必要?11日決定 [ダルビッシュ有]

大リーグ、テキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)ダルビッシュ有選手が9日、損傷している右肘じん帯の診断の為、ニューヨークへ移動した。

修復手術が必要かどうかの結論は11日に決定するとの情報です。

ダルビッシュ選手がが右肘じん帯損傷の修復手術受けると今シーズンは出場できないみたいですね。

 レンジャーズサイドはGM補佐を務めるサド・レビン氏が、肘の状態についてセカンドオピニオンを聞くためにニューヨークへ飛んだダルビッシュ選手について、10日夜にダルビッシュと面会し、検査結果をふまえた上で今後の決断を下すとしている。


今のダルビッシュ選手のケガですが、右肘のじん帯を損傷しているようで、ほかの部分の正常なじん帯を患部に移植する「トミー・ジョン」手術を行う可能性が高いとみられている。

しかし手術を受ければ、ダルビッシュ選手が今季は出場できない状態になるものの、2016年シーズンの開幕には間に合うと予想されている。

 しかしダルビッシュ選手が手術を受けなかった場合、6週間は投球が禁止になり、試合に登板するまでには4か月かかると見込まれている。

さらに、休養とリハビリの効果がなかった場合は必ず手術が必要となる。
そして来季も半分は出場ができない可能性もあるとの事です。

 レンジャーズサイドもジョン・ダニエルズ GMは、「前に進むしかない」とし、「もし最終的に手術を選択することになれば、残念ながらほとんどの場合その可能性は高いが、2016年に向けて彼を準備させることになる」とコメントした。

 3月5日に行われたプレシーズン試合でも、筋肉の張りを訴えてわずか1回で降板したダルビッシュは、昨季も肘の炎症で終盤の6週間を欠場していた事もあり関係者サイドも思っていた以上に故障が重大であると感じている人も多いようです。

さて、年齢的にも一番活躍できると見られるダルビッシュ選手。肘の故障を乗り越えてさらに活躍している姿を早く見せてもらいたいものです。
yjimage (1).jpg
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=L_Mq0VQXyLHVP28aFzoKsOWWNEmg1c5_7eWzQ8XC2jOO.eVDk3ZcizG.B3DxyEsoD9yDNOdiSwdGfeavzDYTjyqZOnjKFOUxlTYlChSQPKOipat2YpIraIoBsO.0209CKIzPHYbRyyI.EvO1AA--&sig=1386miot9&x=114&y=170


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。