So-net無料ブログ作成
検索選択

Nujabes 追悼イベント開催!『Nujabes Eternal Soul』 [Nujabes]

20150123-nujabes_v.jpg
http://www.cinra.net/uploads/img/news/2015/20150123-nujabes_v.jpg
Nujabesこと瀬葉 淳(せば じゅん)さんの追悼イベントが東阪で開催されます。
出演者として、Nujabesにゆかりのあるアーティスト陣Shing02、Cise Starr、Fat Jonらが集結
各公演終了後にはアフターイベント『A Tribute to Nujabes』も開催される模様。

2010年2月26日に36歳の若さで逝去したNujabes。

さて、最近話題のプロテニスプレイヤー錦織圭さんも一番好きなアーティストに選んだ「Nujabes」
とは一体どんなアーティストだったのでしょうか?

以下http://ja.wikipedia.org/wiki/Nujabes#.E6.9D.A5.E6.AD.B4より引用あり

アーティスト名 "nujabes" という特異な名前は、彼のペンネームの「瀬葉淳・セバジュン(淳は本名)」をローマ字表記にしたSEBAJUNを、NUJABESと逆から読んだもの。
DJ、ヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサー。

このNUJABESの名は、その美しい彼の音楽とともに地球を一人歩きし、人種や民族、国境や言語を軽々と飛び超え、世界を駆け巡り、日本が世界に誇る日本人アーティスト名として広く知られるようになった。

Hyde Out ProductionsというレーベルとTribeというレコードショップ運営していた。
コムデギャルソンのパリでのファッションショーでは音楽ディレクターを務めたことがある。
「Luv(sic)」シリーズでのShing02など、多くのヒップホップMCとのコラボレーションが活動の中に見られた。
渡辺信一郎監督からのラブコールを受け、アニメ『サムライチャンプルー』に数トラックを提供していた。
サムライチャンプルーとNujabesのコラボ企画と当時でも大注目され、期待を裏切らない上質アニメとなった。
2010年2月26日深夜、東京都港区で起きた交通事故で逝去。享年36歳
本当に惜しい。
2011年12月3日、3rdアルバム『Spiritual State』が発売された。

個人の感想としては音楽は非常にメロウな上質なHIP HOPが多く、JAZZの要素を取り入れていた。
当時ではJapaneseHIP HOP の新しい形として非常に心をうたれた。

私自信Nujabes を知ったのすでに彼がこの世にいない2012年くらいです。
未だにCDは売れ続け、クラブシーンでも少し音楽に凝っているクラブに行けばよく耳にします。
日本の最先端音楽シーンをけん引した人物、音楽であるからこそ、今なお愛され、
「本当にいい音楽」の大切さを教えてくれているようなきがします。
タグ:Nujabes 追悼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。