So-net無料ブログ作成
検索選択

【必見!?】就職の面接で有利になる6つの重要なポイントは? [仕事]

就活生にとって、会社説明会や面接は、
どういう姿勢で臨めばいいのか、どういう準備をすればいいのかが悩みの種ですね。


■面接の準備編
面接をそれなりにこなすだけなら、参考書を読んだり、インターネットに載っている言葉をほぼそのまま使うなどが手っ取り早いですが、
それだけでは企業にアピールすることがなかなかできません

面接の準備をするのはもちろん大切な事ですが、インターネットで得た知識だけや、表面的な事だけを話しても面接官の方には響きません。
まずは、企業研究をし、いかに自分自身の言葉で話し、ビジネスをやる覚悟ができているかを示す
この業種の仕事をやりたいんだという事を話すのかが大切です!!


■うまく話せない・知識がない方は?
話すのが苦手な方は、どうしても決められた回答になりがちですが、
知識はなくても、これまで自分が取り組んできたことが、どう会社や社会に役立つか』を相手に伝わるように話せるかが大事です。
『会社によっては知識は会社に入ってから勉強してくれればいい』というケースもあるようです。


■面接の強みは学業?
やはり企業は、いかに学業に専念していたかを重視する傾向があるようです。
自分が学んだ事について語れるかも大事ですね。

最近では、エントリーシートを提出する段階で、学業の成績を申告させる企業もあるようです。


■部活に打ち込んだ方は?
勉強はあまりやってないが、部活に打ち込んだ結果、こんなところが会社の役に立つと、説明できる納得性があればいいようです。


■『質問はないですか?』について
面接の最後によく聞かれる『質問はないですか?』ですが、
これにはこんな意図があるように感じられます
↓↓↓↓
募集要項や会社案内をき徹底的に調べているか。 それらの理解しにくい点や入社前に知っておきたい事があるかどうか。

もちろん徹底的に調べて、少し食い気味にでも質問すれば、『会社に興味を持っているな。』『採用すれば来てくれる可能性が高いかな?』と思われ、
内定率が上がる可能性もあります

逆に、
質問がない=『入社の意志が低いのかな?』と思われるかも知れません。


■エントリーシート
書く内容も大事ですが、文字数が少ないのはNG!
空白は必ず埋めるのが大事です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。